三人称で書きはじめた小説の冒頭 『壱路』(仮)

 早朝のひかりが白みはじめた時にはまだ山々の輪郭の、うっすらと浮いたのをながめることしかできずさわやかともぬるいとも形容できる微風をうつろに乾いた眼球や唇、痩せこけた頬、寝間着にした襤褸のTシャツと数年前に百バーツで購入した穴あきのタイパンツからむき出しの手足で受けて歩くさまは露骨に妖怪をおもわせる異様さで、闇の住人が何かの手ちがいで夜を抜け出してきたさまにも見えいずれ陽が昇りきれば音もなくひかりに溶けるのではないかとくだらぬ邪推をゆるすほどだとその証左に夏の休暇を謳歌する地元の若者たち(といっても彼と年齢のさほど変わらぬ)がそのうちの一人の(無論両親の全額負担による)買ったばかりだという外国製のセダンを幾度も席を替え替えしながら乗り回し、地元の古めかしいものの在住する者らには希少な憩いの場として機能するダーツバーの壁にまで染みついたアルコールとほんのり脱法めいた煙の臭いを十二分に堪能したあと、点検を怠ったネオンの不規則な点滅と不快な作動音を浴びながら出発した際にはふかく更けていた夜もすっかり明けたことでいやます高揚さえ山あいのいくぶんか急なカーブを超えたさきにふとあらわれたその予期せぬ登場、視界への闖入をゆるした際に、もうすくなくとも十分以上我がもの顏して通り過ぎてきたこの先数kmは何もない一本道を途方もなく疲労困憊したふうな足取りでいく姿をみとめた瞬間に馬鹿騒ぎを中断し、しばしことばを失ったことをあげるのにいささか無理があるすればそれは予期せぬ登場や闖入の際にはだれもが似たような反応を取るもので乗車していた四人はたしかに困惑したものの、なんだよ今の……とひとりがつぶやけば別のひとりが、なんかやばそうだったな……と返し、それぞれが口や耳になれたことばをぶつけることで平穏を取り戻していき中断した騒ぎを次第に回復する。陽光を避けるようにして山肌を沿う四人の目の前には別の山あいにまとまった数棟のペンションがあり遠目には、というより見る角度によっては森の中に点在するかのようだがおのおの創意工夫をこらしたであろう建物や看板あるいは敷地内の意匠は寄れば寄るほど明晰で、一帯を貫通する竜の背骨のような山々の区分を無効化するような列なりの中でひときわ背の高い峰が、その高さを誇示するかごとくあるいはその高さがゆえに選ばれたのだと言わんばかりに輪郭を濃くし、後光と呼ぶにはまだよわいもののその頂からほんのりと放っている。四人の中でもっとも鼻のふとったするどい目つきの若者は後部座席にどしりと深く体重をあずけながらペンションのある一画と山吹色をわずかに宿したうすい曇天によって輪郭を濃くしていく峰の刻一刻の変化を交互にさほど意識するでもなく眺めており徹夜は苦手で普段ならば自然と眠気がおそってくるはずなのに眼は一向に冴えたままで疲れだけが肩から腰にかけて重くぶら下がっているせいで不機嫌になりつつあったもののそれを悟られるのも面倒だと思い下手な欠伸の真似をして目元を人差し指で撫でながら他の三人のすっかり復元した馬鹿騒ぎがえんえんとつづくのに嫌悪は募り、きつく握った拳の中で立てた爪はおのが皮膚を突き破らんばかりに猛っていた。四人の中でもっとも頑丈で岩石を想起させるその拳固は車内唯一の労働者であることの証であり、これからまだ一か月ほどある休暇を舐め尽くすように満喫するであろう学生身分の三人への羨望に交じった微々たる軽蔑の象徴だった。

 

 もうすこし文体を安定させないといけない。というか、いずれ冒頭から書き直すかもしれない。めずらしくコンセプトと物語の軸をきっちり持った作品になりそうなので、じっくり丁寧に書き進めていきたい。

 英語勉強の合間にプロットを考えていたら、最初に書いた糞の足しにもならない小説と似た構成を取りたがっていることに気がついた。あれからどれだけやれるようになったか試すという意味でもきちんと書き収めたいという欲求がある。どうやらじぶんは小説の理想をウルフの中に認めているらしい。