7/20

長い労働と、学習と、酩酊と、忘れ物。そして早起きと、ルネサンス。

7/19

労働。板長にどえらく怒られた。Eさんからうな丼を買った。うまかった。明日はとても早く出勤しなければならない。入社以来、どんどん出社時間が早くなっている。これ以上おれに努力を求めるのは酷でないかい? いろいろと足りない人間であることはまちがい…

7/18

昨夜は小説を書くといって書かなかった。書けなかった。録画したフリースタイルダンジョンを観た。漢がかっこよかった。やっぱ頭韻で踏んでいくスタイルはいいな。初代はR‐指定と漢が好きだった。蓮實重彦『凡庸な芸術家の肖像』を読みはじめた。柴崎友香『…

7/17

二連休後の労働。日焼けのあとが痛い。あとで痛くなるってわかっていたのに。たのみのつなの日焼け止めはEさんのせいでうまくぬれなかった、そんな昨日。千葉の鴨川、六年ぶりの海だった。白波を浴びているだけで笑いが止まらなかった。海と触れ合っていると…

仮題『汽水の朝』 修正と加筆

夏至のちかい六月上旬ともなれば夜が明けるのも早く、午前四時をすぎた時点でしだいに空は白みはじめている。とうとう漆黒へと染まりきらなかった夜闇は透きとおった藍色へと変相し、雲ひとつない空は凪海のように澄みわたっている。あまりにも透徹した藍色…

仮題『汽水の花』

夏至のちかい六月上旬ともなれば夜が明けるのも早く、午前四時をすぎた時点でしだいに空は白みはじめている。とうとう漆黒へと染まりきらなかった夜闇は透きとおった藍色へと変相し、雲ひとつない空は凪海のように澄みわたっている。あまりにも透徹した藍色…

最近のこと。適当に。

最近も相変わらず無職ライフを謳歌している。基本的には六時前に目覚め、筋トレをして、ジョギングをするというルーティンをこなしているのだが、最近は雨や雪のせいでジョギングをしないこともあった。それに睡眠時間が足りず布団から出るのがどうしてもお…

1/24 wed

六時前から目覚めていたものの、布団のぬくもりにすこし甘えてしまった。なんだかんだと六時二十分前に起床。三十分ほど筋トレ。のちにジョギング。路上にはまだ雪がちらほらと残っていたものの、この日は問題なく走ることができた。路肩や電柱の下に寄せら…

1/23 tue

六時過ぎに目覚めた。立ちあがり、窓の外へと目を向けると路上に雪が積もっているのがわかった。車道は自動車がとおったせいで霙状の轍が何本かひかれており、自室からでも凍結している部分がちらほらと確認できた。あれはあれであぶないのではないかとおも…

1/22 mon

五時前に一度目が覚めた。嫌な夢を見た気がする。その時から胃の調子がおかしかった。あと一時間で回復するとはおもわなかったが、薬も飲まずに目を閉じた。眠ることはできず、ただ目を閉じて布団の中で暖をとった。今にしておもえば、ああいう時間が本当に…

1/21 sun

六時十五分起床。五分ほど布団の内でごろごろとしてから起床。三十分の筋トレ。のちにランニング。この日は前日の銭湯のおかげか、筋肉痛や背中の痛みをほとんど気にせず運動することができた。やはり銭湯は偉大である。前日より空気が冷えていたせいか、途…

1/20 sat

五時前に一度起床し、炬燵で寝てしまったことを後悔し、布団で寝直した。背中と肋骨の内側がかなり痛かった。六時十五分にふたたび起床。約三十分筋トレしてからジョギングに移行した。痛みがあるため本来ならば行わない方が賢明だとおもわれたが、習慣化し…

1/19 fri

六時半過ぎに起床。三十分の筋トレ。この時点で肋骨の内側と内腿が筋肉痛を起こしていることを知った。その後ジョギング。二日目。前日と同じコースを走った。前日よりもやく三十分早いスタートだったため、その分だけうす暗かった。人はおなじようにまばら…

1/18 thu

七時前に目覚めた。そこから約三十分間筋トレをしてジョギングをした。横浜では初となるジョギングである。家から根岸森林公園まで向かい、その後園内をまわり、少々ブレイクをはさみ、また走って帰宅した。めちゃくちゃきつかった。まず家を出てから最初の…

1/17 wed

8時起床。筋トレ。この日から本格的な無職生活となる。つまりすべての管理はおのれ次第ということである。金も、時間も、増やすも、減らすも、すべてはじぶんの選択ひとつにかかっているということだ。これはこれで、けっこうおそろしい。しかし目下のところ…

1/13 sat

H社長へ ぶしつけな手紙となってしまい、申し訳ございません。面とむかって話すとうまくことばにできないとおもい、勝手ながら拙文をしたためてきました。このまま捨てていただいてもかまいませんが、気が向いたら最後までお付き合いください笑 前置きはさて…

1/7 sun

労働。この日からじぶんが抜けてからのためにポジションチェンジ。ちょっとだけ緊張したけど無事にこなせた。基本的には不器用キングという自己認識だけど、意外とうまくいったので、あれ? おれってこんなんだっけ? となった。まぁ四年近くいて、できない…

1/5 fri

労働。営業再開。前日から仕込みにでているため、実質労働日としては二日目。親方が不在なため、非常にタイトなタイムスケジュールだった。三十分程度だったが、休憩が取れたのはよかった。その時間に英語の学習をした。ものすごく力が落ちているのを実感し…

1/2 tue

それなりの文量の日記を書いていたが突然のシャットダウンによりおじゃんになった。この日のハイライトは名古屋のジュンク堂で東浩紀『存在論的、郵便的――ジャック・デリダについて』柄谷行人『哲学の起源』を購入したことと、名古屋観光をおもったほど楽し…

1/1 mon

一度八時ごろに目を覚まし、リビングまで下りて行ったがあまりのねむさにふたたび自室に戻って睡眠をとった。そりゃ三時間半じゃきつい。おれの身体はそんな丈夫にできていない。十一時ごろにふたたび目を覚ますとまだ疲れはのこっていたものの、睡眠はもう…

12/31 sun

実家に帰った。新幹線が混みあっているせいで乗りたかったひかりに乗れず、こだまで三河安城駅までむかった。結果一時間ほど予定よりおそく地元に到着した。その時点で非常に機嫌が悪かった。さまざまな理由(主に前日までの労働や人間関係、さらに言えば今…

12/18 mon

メルヴィル『漂流船』を読み終わった。メルヴィルはあまり良い印象のないアメリカの作家の中でも好みの部類に入るとおもった。白鯨もいつか読みたい。今日はココペリで酔っ払った。もう少し小説を書きたかったが、これだけ酔ってしまうとたぶん駄目だろう。…

12/16 sat

労働。いそがしかった。連日の睡眠不足により終始目がしぱしぱしていた。守井さんの可愛さに最近またやられはじめている。馬鹿かおれは、とおもいつつも目で追ってしまうおれはほんとうに馬鹿なんだとおもう。最近やたら周りから言われる「将来」や「計画性…

12/9 sat

労働。休憩もとれないほどいそがしかった。コース用の煮物だけでも八十五人前くらい提供した。ファック、と思うすきさえなかった。とりあえずおわったことに安堵した。前日四時半まで起きていたが、ふしぎと眠気はなかった。背中と肩にまた痛みがはしるよう…

12/8 fri

労働。さすがに師走とあっていそがしい。休憩中に國分功一郎『中動態の世界』を読みすすめる。フーコーの権力論に言及していたのはおもしろかった。能動態ー中動態の対立内であれば彼の論理をスムーズに読み解けるという指摘は簡潔かつしっくりときすぎて、…